聴力 回復

Image Replacement

難聴が劇的に回復する、自宅でデキル難聴回復法について

聴力を回復させる方法には西洋医学と東洋医学の2大医学があります。それぞれの利点を比較して聴力回復の最短距離を結ぶ道筋を実行することが、聴力回復の近道になります。まずは聴力の回復に必要な知識を身に付けていきましょう。

通院しない難聴を回復させる方法

gakusei2.jpg

難聴と判断されたあと、耳鼻科での聴力の回復させる方法には3つの選択があります。
その中でも耳鼻科で特に推奨されているのが、聴力の回復には補聴器がいちばん効果があるそうなのです。また補聴器はお年寄りに多い加齢性の難聴に効果があるといわれ、回復する見込みの弱くなった方には良い方法になっています。

聴力が悪くなり対話や会話ができなくなるということは、精神的にも不安定になりさまざまな病気を発症させてしまう原因にもなるのです。ただ多くの方は聴力の低下を安易に考えてしまうせいか気が付いたときには相当悪化していて、聞こえないことを理由に、聴力を回復させることすら諦めてしまうのです。

また聴力が悪くなり難聴になったことで一番困ることは対話や会話力が弱くなることです。聴力が衰えると他人との会話が難しくなりますので、話す聞くといった会話のキャッチボールが困難になっていきます。相手が何を話しているのか理解できずその結果、他人との対話や会話を諦めてしまい引きこもり症になったり、対人恐怖症になりやがてはうつ病になってしまう人もいます。

ヒトは対話や会話を断ち切られてしまうと生きていけないくらい辛い生き物です。生まれつき耳の聞こえない聾(ろう)者の方でも手話や筆談といった形でコミュニケーションをします。ヒトは孤独になることが一番苦しく辛いことだと知っているからです。だから対話や会話は必要なのです。

とても大切なことですが、聴力を回復させる一番のポイントは、どのようにしたら人との対話や会話が上手くいくようにできるかです。つまり自分が難聴だとした場合、どのような方法で聴力を回復させるかがポイントなのです。

自分にあった聴力の回復方法をどのように探せるかということになります。どのような方法で対話や会話ができる状態にしていくかが肝心なのです。

・補聴器も選択としては正しい方法です。
・薬で聴力を回復させる方法もあります。
・リスクと費用はかかりますが手術をする方法もあります。


もうひとつ選択時に判断していただきたいことがあります。それはあなたの年齢で補聴器を装着しなくては聴力が回復しないくらい体が衰えていると思いますか?

残念ながら補聴器を長期間、使用してしまうとヒトの耳というものはいい加減なものでして、補聴器をしていないと聞き取れなくなってしまいます。補聴器から伝わる音に慣れてしまいまして補聴器なしではほとんど聞こえなくなってしまいます。あなたの難聴が加齢性のもので回復する見込みがないとしたら補聴器の選択がよろしいかと思います。ただまだ回復する見込みが多少でもあるのでしたら補聴器の選択は少し先送りしてその他の方法をお考えになられても良いのではと考えます。

補聴器は自分の体の治癒力や薬などの効果で自己回復しているのではありませんから、一番最後の切り札としてとっておいて、まずは自力で聴力を回復させる方法から試してみても良いのではないでしょうか。

「補聴器」今まではこの選択肢しかありませんでした。


でも最近では自力で聴力を回復させる方法も多く紹介されています。
ご興味があればのお話しですが一度お読みになられてみてはいかがでしょうか?
⇒難聴を劇的に回復させる方法の詳細